鏡開き(Sake Barrel Ceremony)

Sake Barrel Ceremony

鏡開きは、酒樽の蓋を木の槌で割って開け、その場にいた全員に日本酒を供える儀式です。鏡は酒樽の蓋を指し、開きは「開く」という意味なので、鏡開きは文字通り「蓋を開ける」という意味です。鏡開きは、300年前から伝統となっています。第4代徳川将軍が戦いに勝利したときの祝福と伝統として始まのました。現在では結婚式、新年、スポーツイベント、そして祝うに値する重要なイベントなど、さまざまな主要なイベントで使用されています。神道の祝福や祝賀会で日本酒の樽を開けることは、新年や人生やビジネスの新しい出発の始まりなど、時間の節目に健康と幸運を与えるように神々にお願いする手段です。このような理由から、鏡開きは、新築記念、会社設立記念日のイベント、結婚披露宴、その他のお祝いを開始するための日本の伝統的なしきたりです。

Sake Barrel in Meiji shrine
sake barrel
small sake barrel

とても小さい鏡開き用の酒樽もあります。日本に興味のある外国の方へのお土産に如何でしょう。

関連記事

  1. 帯のテーブルランナー(Japanese obi table runner)

  2. 着物

  3. 御守り(omamori japanese charm)

  4. 京都 Kyoto

  5. 日本の自動販売機(vending machine in Japan)

  6. 日本酒(sake drink)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。