京都 Kyoto

京都は日本の芸者界の中心です。京都では、本格的な芸者は正しく芸妓(「ゲイコ」と発音)と呼ばれています。通常15歳から20歳までの若い女性は、芸妓になるために5年間訓練します。この期間中、彼らは舞妓(maiko)として知られています。京都には約100人の芸妓と100人の舞妓がいると言われています。


舞妓と芸妓の違いの見分け方
舞妓は袖の振りの長いのカラフルな着物を着ています。芸妓は落ち着いた色のシンプルな着物で袖の振りが短くなっています。舞妓は、さまざまな贅沢なヘアピン(カンザシと呼ばれる)で自分の髪を結いますが、芸妓は、比較的飾られていないかつらをかぶっています。舞妓と芸妓の両方がゲストを楽しませ、さまざまなイベントで一緒に登場することがよくあります。 帯にも違いがあります。 舞妓は長い帯を垂れさせた「だらり帯」を締めますが、芸妓は通常の帯なので、着付けの時間も舞妓と比べて短くなるのです。
言うまでもなく、体験プライベート芸者エンターテイメントを手配するのは安くはありません。
しかし、もっとも素晴らしい方法は、通常春と秋に開催される京都の5つの毎年恒例の舞踏公演を鑑賞することです。高級ホテルや旅館がチケットの調達をお手伝いします。それ以外の場合は、通常、参加したいショーの日の早い時間に、問題の会場のチケット売り場でチケットを購入できます。

関連記事

  1. 食品サンプル Fake Japanese Food

  2. 着物

  3. 鏡開き(Sake Barrel Ceremony)

  4. ポップカルチャー(Japanese Pop Culture)

  5. 帯のテーブルランナー(Japanese obi table runner)

  6. 七五三(shichigosan)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。