七五三(shichigosan)

shichigosan

11月になると、全国の神社で可愛い着物姿の小さな女の子、袴を履いた男の子を見かけます。多くの場合、おばあちゃんとおばあちゃんを含む家族全員が出席し、誰もがドレスアップして食事に出かける日です。幸運のお菓子である千歳飴(chitose-ame)も欠かせないアイテムです。

千歳飴のパッケージ(chitose-ame bag)

七五三は文字通り7-5-3を意味し、彼らが特定の年齢に達すると祝われる儀式の名前です。祝賀の年(3年、5年、7年)にはそれぞれ独自の意味があります。
3歳で子供は言語を理解することができます。5歳で、子供は知恵を育てます。7歳で、子供は乳歯を失います。これらは、子供が病気やその他のリスクの影響を受けやすい重要な時期です。だからこそ、人々はこれらの機会に神社に参拝し健全な成長を祈ります。

着物を着てみたいという外国人のお子さんには、子供用の写真スタジオをお勧めします。可愛い着物や袴だけでなく、兜や刀のような小道具もあり、楽しい思い出の写真を撮ることが出来ます。

七五三 shichigosan
着物の着付け how to wear kimonos

もし、日本のお土産に検討しているなら、三歳児の女の子用の被布(hifu)という着物だけをお勧めします。というのは、三歳の女児の着物は簡単に着られるからです。五歳児と七歳児用の着物は、日本人でも特別に学んだ人しか着つけられません。

被布 三歳女児用 hifu shichigo san for girl three years

三歳児の女児用に作られた被布(hifu)は、紐とボタンだけで着られます。羽織るベストがとても可愛いです。

関連記事

  1. 帯のテーブルランナー(Japanese obi table runner)

  2. japan sumo

    相撲について

  3. 鏡開き(Sake Barrel Ceremony)

  4. 食品サンプル Fake Japanese Food

  5. 御守り(omamori japanese charm)

  6. ポップカルチャー(Japanese Pop Culture)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。